erogenium

PS4『Drawn to Death』はビックリするぐらいのクソゲーだった!「可能な限り不快な出来」

time 2017/04/11

PS4『Drawn to Death』はビックリするぐらいのクソゲーだった!「可能な限り不快な出来」

5.0/10 Game Informer
コンセプト: 物足りないマルチプレー・シューターを、可能な限り不快な90年代っぽさでドレス・アップ
グラフィック: 確かにユニークだが、確実に吐き気を催す
サウンド: 鬱陶しいアナウンサーにひたすら罵倒されたい?それなら君はラッキーだ!
プレー性: 平凡なシューティング・メカニックは仕事をこなしているものの、満足は出来ない
エンターテイメント性: 必要最小限のアリーナ・セクションはスリルに欠ける。気が散るビジュアルが平気でも、幼稚なユーモアと途切れない罵倒には耐えられないだろう
リプレー性: 低め
『Drawn to Death』は、長くプレーするプレーヤーを罰する、新たな買う心的手法を編み出したと言えるかもしれない。侮辱しかしないアナウンサーとキャラクター以外にも、他のプレーヤーを煽る多種多様なアンロックTauntが用意されている。そうしたアニメーションがプレーヤー・アバターやキル画面に表示され、ヤバいインターネット・ミームを模倣するのだ。例えば、私はウィットに富んだスローガン「R.I.P.お前のケツ」と書かれた墓石をアンロックした。このジョークを徹底するために、墓石自体がケツの形をしているのだ。これこそが『Drawn to Death』の本質を表しているし、素通りすべき理由なのである。

4.0/10 IGN
見た目がここまで特徴的なのだから、『Drawn to Death』は最高のスタートを切れたかもしれない。しかし、大量の残念なデザイン決定やオプション不足、蔓延するバグのせいで、平均的なシューターとしても失敗している。入り組んだマップ、多彩な武器、ユニークなキャラクターたちというのは聞こえこそ良いかもしれないが、『Drawn to Death』の良い点は全て、絶えずプレーヤーに浴びせかけられる笑えない罵倒が塗り潰してしまっている。

Eurogamer
隅々まで心地良いとはいかぬものの、驚くほどのパンチを秘めた不快なスケッチ風シューターを引っ提げ、David Jaffeが帰ってきた。


Choke Point _ 『Drawn to Death』海外レビュー【途中経過】.html

民度の低い罵倒と罵り合い、まさにプレイステーションワールドを表したようなゲームだ。任天堂スイッチで今話題の『スプラトゥーン2』を模したようなポップなイメージ。もしソニーが作っていたらこんな風な低俗なアスペ向けのゲームになっていたのだろう。

コメントと糖分は先生の命でーす。ハイ、これテストにでまーす。
はーい、そこのゴキちゃん、見たならコメントしていきなさーい。

(▽返信というのをクリックすると、コメント番号が転記されてコメント欄へ移動します)
ネタ投稿大歓迎します。自サイトの宣伝でもかまいません。相互リンク募集中。
*「http:://www.」は書き込みできません。

PS民「よし、なかったことにしよう」

マンガチックアクションのエクストルーパーズの方がスコア上やん

PS公式の文章「痒いところに手が届く、充実の煽り要素」だってさ・・・

ゴキの頭の中を映像化したようなゲームだな。

彼らって汚い言葉や表現が大好きだからマーケティング的にこういう方向になったのかな?

ドラクエ11発売に関して任天堂のゴミにはノーコメントwwwwwwwwwwww 妊豚はクソグラのイグイグしたドラクエしかできねえなwwwwwwww でもええですやんwwwwwww おまえらアホはこのぐらいのグラのほうが安心するんだもんなぁ?wwwwwwwwwwまじで妊豚には時代おくれのじじいしかおらんがwwwwwwwwwww

P4にはたくさんの独占タイトルがあるって言うけど
こんなのの寄せ集めじゃなあ・・・

うん。改めて思った。PS4は買わなくて全く問題ないw

PSWの無料になるソフトって有料にする価値の無い糞の中でも特に酷いのがあからさまに選ばれてるなw

演出以前に見づらい

なに、あの下品な落書きゲー

もの凄いオサレっぽい所がPSゲーらしさやね

そうかPS4のドラクエ11作ってるデペロッパはWiiとWiiUでしかソフト作った事無い所ね

>>http://forzaxbox.net/blog-entry-11014.html#comment108364
ユーザー投票でフリープレイタイトルが決まる「Vote to Play」って企画があったけど、
あからさまに一番つまらなそうなものが連続で1位に決まったので、出来レースなんだと思った。

down

コメントする